ほっぷ☆すてっぷ☆ディキャンプ!報告

2017.11.06.16:53

 東日本大震災から6年が経過し、被災地では災害公営住宅などの自宅再建もすすみ、新たなコミュニティ―での生活が始まっています。そのため住環境の変化などによって子ども達にもストレスを受けやすい状況は続いています。

 当センターでは被災地の小学生を対象に、子ども達に様々な体験を通じて、セルフケア能力の向上を目的に、毎年「ほっぷ☆すてっぷ☆デイキャンプ」を実施しています。

 8回目となる今年は10月28日(土)に松島町野外活動センターを会場に行いました。
   DSCF3480_convert_20171106174927.jpg

<プログラム>
  ◇はじまりの会  ◇火おこし体験   ◇野外レクリエーション
  ◇こころのおべんきょう(ヨガ) ◇おわりの会など
  
    IMGP5952_convert_20171106161836.jpg
      火おこし体験の道具。おこせた火で焼き芋作りました。
 
     IMGP5956_convert_20171106162119.jpg
      外でのレクリエ―ション

はじめて参加の子、毎回参加してくれる子。天気に恵まれて、子ども達は、日常から離れ、思いっきり満喫していました。
当日は、前回紹介したサブリーダーが今回スタッフとしてデビューしました。
ボーイスカウト、サポーターズクラブのみなさまにもご協力いただきました。

      RIMG0247_convert_20171106182307.jpg
Trick or Treat (トリック オア トリート) を合言葉に手作りハローウインBOXから、キャンディのつかみ取りをしました。

子ども達は何が入っているのかドキドキしながら、大はしゃぎでした(^^♪


                         
          
スポンサーサイト

ほっぷ☆すてっぷ☆デイキャンプ!の卒業生を対象としたサブリーダー研修会 報告

2017.08.18.16:04

ほっぷ☆すてっぷ☆デイキャンプ!の卒業生を対象としたサブリーダー研修会が、8月9日(水)あしなが育英会仙台レインボーハウスを会場に行われました。
 
◇午前
 『LEGO(レゴ)』を体験しました。
 出されたテーマをLEGOで表現します。使うものはみんな同じ、でも出来上がりは一人として同じではなかった・・・
 色の使い方、表現の仕方があることにみんなで驚きました。
  
 そこで、みんなの作品を繋げてみました。
 うまく組み合わさって・・・素敵な作品になりました。
 全員のレゴ①_convert_20170818154521
  

◇午後
 『Psychological First Aid(心理的応急処置)』について学びました。
 これは、困っている友達や困った状況に遭遇した時、手助けをするための方法のひとつです。
 見る 聴く つなぐ_convert_20170818155003

 今回は、デイキャンプ会場の見取り図を描いて、考えられる困った状況や危険がないか、みんなで話し合いながら書き込んで、自分たちに何が出来るのかを考えていきました。
 アイディア④_convert_20170818155106

 これまで参加してきたデイキャンプとは違い、『自分で考え』『自分で創りあげ』『自分の気持ちを形にする』そんな研修内容でした。また、1日の活動を通して、人にはいろいろな考え方や行動、表現の仕方があるということを学ぶ機会にもなりました。
 

 今回の研修会に参加しサブリーダーとしての活動を希望する方には、平成29年10月28日(土)実施予定の「第8回ほっぷ☆すてっぷ☆デイキャンプ」のサブリーダーとして活躍いただくことにしております。
 

吉野復興大臣が視察に来られました

2017.08.02.10:38

 
7月13日(木)就任されたばかりの吉野正芳復興大臣が視察にお見えになりました。 到着早々、執務室でスタッフに対して労いのお言葉をいただきました。

           掲載用250復興大臣 挨拶④_convert_20170728102755_convert_20170802101444


 その後、復興庁職員の進行で現状説明と意見交換を行いました。意見交換の場には、宮城復興局、宮城県(保健福祉部障害福祉課、震災復興企画部)の方々も参加されました。
復興大臣と意見交換の様子250 (アップ)④_convert_20170802102556   山崎副センター長 渡部部長250 _convert_20170802102835

 〔内容〕
 1.当センター事業概要説明 山崎副センター長から
 2.地域センターの現状説明
   石巻地域センター岡﨑課長から
   気仙沼地域センター片柳課長から
 3.意見交換 テーマ「これからのこころのケアについて」

岡﨑課長 報告①_convert_20170802103410   片柳課長 報告250 ①_convert_20170802103219

吉野復興大臣と震災後の心のケアの重要性について再確認することができ貴重な時間となりました。

              復興大臣職員への挨拶(終了後)_convert_20170802104233


吉野復興大臣、ご多忙の中、当センターにお越しいただきましてありがとうございました。

ただいま第17号広報誌作成中です

2017.07.14.09:26

  当センターでは、様々な活動や地域の情報等をお伝えするため、広報誌『みやぎ心のケアセンター通信』を発行しております。関係機関を中心に約700ヶ所に配布しております。
現在、最新号になる「第17号」の広報誌(通信)を9月発行に向けて準備中です。

 なお、当センターホームページでは「第1号(平成24年5月発行)」から「第16号(平成29年3月発行)」をご覧になれます。
 これまでの広報誌はこちらから→第1号~第16号まで
みやぎ心のケアセンターの活動の歩みをご一読いただければ幸いです。第17号も完成次第、紹介させていただきます。

 広報誌(通信)のほか、当センター発行のパンフレットもダウンロードが可能です。イベントや集会、勉強会など、地域の皆さんがお集りの際にご活用いただけるよう、随時更新してまいります。
 →パンフレットはこちらから
        
暑くなりました。みなさま夏バテや熱中症にはくれぐれもご注意くださいね。fuurin[1]

昨日は全体ミーティングもありました

2016.11.30.09:22

昨日はパソコンのアウトリーチ支援だけではなく、全体ミーティングがありました。

全体ミーティングは年6回、全体研修は年に3回開催しております。
全体ミーティング+研修は、全員集合して行いますが、
全体ミーティングの時は、Web会議システムを利用して、気仙沼、石巻、仙台をつないで、ミーティングします。

全体ミーティング
↑↑基幹センター(仙台)地域支援課に新しく入職された佐々木さんです。
三つ画面がそれぞれ、仙台、石巻、気仙沼のそれぞれの職員を映しています。
たまに、腹話術のいっこく堂さんの宇宙からの腹話術のネタような状況や、突然画面が消えて、職員があたふたすることもありますが、こうやって、職員の顔が見えるだけで、ほっとするのは私が年をかさねてしまったせいでしょうか・・・

余談ですが、基幹センターには、佐々木さんが合計3名おりますので、お電話の際はご注意くださいm(_)m
プロフィール

基幹センター

Author:基幹センター
みやぎ心のケアセンター基幹センターブログです。

日々の活動、研修のお知らせ、基幹センターの様子など、お伝えします。
皆さまのお役に立てるよう、日々精進、時にユーモアを忘れず、業務にあたりたいと思います。お付き合いの程、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
基幹センター カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR